FC2ブログ

サマータイム 夏時間

サマータイムというと、日照時間の長い夏の太陽を存分に利用し、暑い時間を避けて早くから活動しましょうってことだよね。

なんだけど、国全体で時間まで変える必要ってあるのかな?

たとえばスペインもサマータイムがあるけど、学校とか会社とか全部、突然一時間早く起きなきゃいけなくなる。

そして体が慣れた頃にまた冬時間になる。
(いや、さすがにもっと早く慣れるは慣れるけど)

ニュースで小学生とかが時間が急に変わったせいで、体のリズムが崩れて大変とかいうのも毎年問題になっていた。

そんなヨーロッパでは、どうもサマータイムが廃止になる方針らしい。

ちょっとまだ私には確実にはわからないが、今のサマータイムのまま変えないらしい。


結局、エネルギーを効率よく使おうという話だったが、あまり大した効果はなかったということで、それよりも切り替え時の手間や混乱の方がコストが高いらしい(笑)

節約しようとして、さらに無駄遣いしてるパターン。

会社とか、学校とか、早い時間から始めたいなら、ただ時間を早めればいいだけの話。

個人の生活なら、夏になって日の出が早くなると同時に徐々に早起きできるようになる。

国全体で時間を変えるとか、大きなお世話なんだよね。

オリンピックのためにサマータイムとか、意味不明すぎる。

早く始めたいなら、早く始めればいい。
競技とか、朝の5時からやりゃあいいんですよ。
見たい人が見に行けばいいんですよ。
ただ、公共の交通機関はずっと動かさないとダメかもね。

そもそも、これだけ自然災害の多い今の日本で、オリンピックとかやるっていっても、下手すると台風で中止になったりとかね。

たとえばアンダルシアは夏の期間は、まず雨が降ることはない。まったく降らないので、フラメンコのフェスティバルは野外なんだけど、天候によって中止になることはありえない。
理にかなっているのだ。

暑い時間2時~5時、6時くらいまでお店は休みのところが多い。

なぜなら、お客さんが歩いて来られないからね。
暑くて外に出られないのよ。

だから全員でシエスタ、眠かろうが眠くなかろうが、その時間は昼寝の時間ということになっている。

農村なので、この人たちは朝の5時とかから働いて、2時3時に終わったり。

工事現場なんかも朝の6時から始めて昼間の暑い時間には終わるとか。

自分たちで、好きに時間を設定すればいいんですよ。

.

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

近所のおっさん

夏は日が長い。

そして日中は非常に暑いので、10時近くに涼しくなってきてから、うちの目の前のベンチに人が集まってくる。

近所のいつものメンバーだ。

旦那も時々そこの輪の中に入って、なんだかんだしゃべっている。


こっちの人は本当によくしゃべる人が多いのだが、一人おじさん(60代くらい?)で畑仕事をしている人で、我々は

RONCO (ロンコ しわがれ声)

と勝手に呼んでいる。名前を知らないので(笑)

この人もよくしゃべるのだが、ものすごいダミ声で、築地出身か?と思ってしまうくらい。

農村の強みで、こないだはカボチャの収穫の仕事をしたらしく、カボチャを2つもくれた。

が、料理方法がイマイチわからないので、少し困っている。

.

8月はお休みモード

スペインの夏もこないだ突然やってきた。

ついこないだまで割と涼しかったのに、いきなり10度上がるとか、いきなり10度下がるとか、涼しくなるのはありがたいが、なんかしんどい。

あと、日本では学校も夏休みだし、子どもたちにとっては夏休みモードになるのは当たり前だけど、スペイン、アンダルシアでは大人も最低でも2週間くらいはお休みが取れるので、お店が8月いっぱい休みになったりとか、そういうところもある。
そして午前中(2時まで)のみの営業のところとかもある。

とにかく8月は、すべての人にとって、お休みモードが漂う期間なのだ。

というわけで、私もいつもと少し違う感じの生活かも。

9月から気合入れます~(笑)

.

携帯盗まれた。

実は先日、夕方のくそ暑い時間帯にバスに乗ってセビージャに行く用事があった。

基本、なんでも時間がギリギリになってしまう性分(?)なので、バスの時間ギリギリにバス停に着いた。

バスはバス停までの私の通り道、反対方向に行くので、間に合わなかったら通り過ぎるのが見える。


時間ぴったりに着いて5分くらい待っていると、道路の向かい側からおばあちゃんが私に何か言っている。

「バス待ってるの?」

「はい」

「少なくとも15分くらい前にバス通り過ぎたけどね」

「前のバスが遅れたのかしら?」

おばあちゃんは自分の孫が車で迎えに来るのを待ってるらしかった。

嫌な予感。。。

時刻表よりも10分も早く通り過ぎちゃう?

時間は夕方の5時で気温41度。
日陰はほぼない。
ベンチに座ると、金属のベンチは焼きごてみたいで火傷しそうだ。
携帯電話で時間を見ようと触ったら、発火しそうな勢いで熱い。

待っている間、近くの薬局で少し買い物して、一瞬涼んだが、あとはアホみたいに外で待っていた。

あきらめが悪い奴だ。

結局、来たのは次のバスだったので1時間後。

乗り込んで、メッセージを2つほど送って、携帯をいつも入れているリュックの外ポケットを開けっぱなしにした。
リュックの中身がかなりあったまっていたからだ。

隣村までは起きていたが、そこを過ぎたら寝落ちしていた。

時間にして30分くらいだろうか。(結構寝たなぁ(汗)

バッと目が覚めて、携帯がないことにすぐ気づいた。

いかにも悪そうな若者が私の横を通り過ぎて、怪しかったが証拠がないので何も言えない。

狂ったように携帯を探し始めたのもつかの間、降りるところに着いてしまった。

終点ではないので、降りないといけない。。。

用事の受付のところで「携帯盗まれたー!!」とギャーギャー言ってたら電話を貸してくれた。
かけたらもちろん電源が入っていない。
(出かける前にしっかり充電してきたので、意図的に切られている)

とりあえず家に電話して、旦那には帰る前に電話一本とかできないからね、と連絡(笑)

私がドジる時は、あんまり笑えない。

.

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

プラスチック

先日のG7サミットで、プラスチックごみによる海洋汚染の対策が話し合われましたが、その合意文書への署名を日本とアメリカが拒否しました。

日本でもアメリカでもエコバックとか、そういう意識を持ってる人は多いと思います。

どっちかというと、スペインはそういう感覚はごく最近になって出てきたような気がします。


なんせ、それにスペインは署名したもんですから、今まで無料だった買い物袋に急に値段が付き始めました。

いや、大手スーパーなんかでは1枚5円とかでやっていたので、そんなに急ではないんですが、ついにその辺の小さな商店やお金を持っている薬局でさえもレジ袋に値段がつくようになりました。

元々、近所のパン屋さんとか、薬局では、レジ袋を断ることも多かった私ですが、先週から急に言われたので少しびっくりしました。

が、世界がそういう流れになっているので、政府が動き始めたということです。

日本のスーパーでは、エコバックを持参するとスタンプがもらえて、貯まると100円引きとか特典があったりしますが、スタンプカードとかって実は結構面倒くさい。
本当にレジ袋を少なくしたければ、無料ではなく1円でも2円でもお金を取ればよい。
実に合理的だと思います。

本当に袋が必要な時は買う。
あとはその袋を何回も使う。普段から持ち歩く。
別にエコバックまで持つ必要なんかないわけです。

毎回もらっていたレジ袋がこのおかげで3回に1回だけになる。
それだけで3分の一になるわけです。

しかし日本は署名しなかったのね。。。。

うーん。。。

.

夏か。

3~4日前まで、こちらの気温は20度前後だった。

が、昨日おとといくらいから、急に暑くなってきた。

セビージャ、40度の一歩手前、なのか、届いたのか。

20度から40度って、倍ですから。。。。

.

日本語変換の香さん。

去年からスマホを使っている。

それまではネットは家でしか使えなかったし、メールとかもそんなにリアルタイムで見られなかった。

もっともパソコン開いてる時間が長かったので、そんなに放置することもないが。


今はスマホにして、メッセンジャーやLINEなどで、メッセージが届くとすぐわかるし、ネット通話が気軽にできる。
それまではわざわざスカイプで待ち合わせしてかけていた。

なので、Messengerとかで確認事項のメッセージがきたら、それでOKならすぐに イイネ! を押すだけでいいから、物事の進行が速くなった。
(たまに読み返すのにスクロールとか汚れを取ろうと思って間違えてボタン押すこともw)

なんだけど、ややこしいことは日本語で伝えないといけない。

私のスマホは Wiko というフランスのメーカーらしいのだが、日本語でも入力できる。

が、音声入力でしか日本語はできない。

句読点はない。

そして、正しい日本語を話さないと、きちんと変換してくれないし、スペイン語になったり英語になったりしている。
(音声を拾ってるだけなので、意味不明の文章ができあがるw)

ただでさえ急いでるからスマホで返事したいというのに、いっこうに変換してくれないこともあったりして、余計腹が立つ。

そしていつも、 「今日」 というと 「香」 と出てくる。

また、 「とか」 という言葉も 「と香」 とか、なってる。

どんだけ出てくるの、香さん(笑)


たまに私の返信がものすごく固い感じの日本語になってる時は、スマホの音声入力かもしれません。



.よかったらバナー押してください♪



人気ブログランキングへ

ということで、随時スカイプでのスペイン語レッスン、生徒さん募集です♪
お問い合わせはメールフォームからお願いします。

ロシオ

今週末はロシオ巡礼があるみたいですね。

ウエルバに Virgen del Rocio という教会?があるのですが、アンダルシアの各地から歩いて馬車を引き連れて、歌いながら踊りながらそこのロシオ目指して歩いて行きます。

レブリハの教会からは火曜日に出発したみたいです。

日曜の夜中に聖母像が教会の外に出されて、何万人の人がそこに集中して、触りたがる。

そしていつも聖母像は人に担がれて出てくるのだけど、人の波にいつもさらわれてしまう。

最後はボロボロに・・・というかわいそうな聖母像なのです。


さておき、人々は出発してからロシオに着いて、ずーっと飲んで歌って踊ってのフィエスタ続きのようです。

祭り好きだよねぇ、ほんと。



気が向いたら、バナー押してください♪
アクセス数アップを目指しています♪


人気ブログランキングへ

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

かちゃりーと。

Feria de Sevilla が始まりましたね。

セビージャのフェリアといえば、元の始まりは馬や動物の見本市?みたいな感じだったようですが、今ではみんなフラメンコの衣装や馬に乗る衣装など着飾ってお出かけするスペインの三大祭りの一つです。

フェリアというものは、4月のセビージャを皮切りに、各地で行われます。
(ちなみにレブリハでは9月です。)

カセータというテント小屋がたくさんあって、グループごと、団体ごとにカセータを持っています。
会員制のカセータだと、会員しか入れませんが、誰でも入れるカセータもあったりします。

基本的にフェリアでは、ひたすらセビジャーナスかルンバがずっとかかっていて、ひたすらお酒を飲んで踊ります。

それとは別に、今日は 「カチャリート Cacharrito」 の話。

Cacharro とは、アンダルシアではよく使われる言葉です。

モノとか、道具とか、入れ物とか、 「アレ」 みたいな感じで使われます(笑)

セビージャでは実はなんというか知らないんですが、とりあえずレブリハでは移動遊園地のことを カチャリート と呼びます。

移動遊園地はフェリアの時期に期間限定で設置されます。

だいたい毎年死人が出るという、見た目だけではなく、結構本気で怖い乗り物だったりします。

多分、一番安全なのは、生きてるロバのメリーゴーランドかな。

あとはいろんなものがありますが、見ていて危険と思えるものは、多分本当に危険です(笑)

バイキングとかもありますが、まず、安全のシートベルトというか、安全バーがついていないため、乗客の握力とふんばりのみが頼りです。
さらに、動かしている時間が特に決まっているわけではないようで(自動ではない)、係のお兄さんがDJみたいに

「へーい!のってるかーい!じゃあもっと揺らしちゃおう!!ヒャッホー!!」

みたいな感じで操縦してるわけです。


私がセビージャに住んでた時にチャレンジしたのが、観覧車。

かなりスピードが速く、一周では降ろしてくれません。
観覧車なのに、みんな絶叫しています。

またまたー 大げさな!

と思いましたが、乗ってみて理解しました。

絶叫マシーンです(笑)

すごいスピードで、ぎゅーんと昇って行って、急に止まります。

窓が、ガラスがあったような、なかったような、、、シートベルトもないので、止まった時に激しく揺れるので、つんのめって窓から落ちそうになって、相当怖いです。

うぎゃーーーーー!!!

みたいな。

スペインは日本とは違います。

なめたらいかんぜよ。


よかったらバナー押してください♪



人気ブログランキングへ

テーマ : スペイン生活
ジャンル : 海外情報

OS物語

実は、パソコンを新しくしました。

というのも、弟の結婚式で一時帰国したときに購入したノートパソコン、私の扱いが悪いせいで、床に何度か落としまして、画面とパソコン本体の接触が悪く、全然画面が映らなくて。

いや、角度を変えながらやれば映ったりするので、しばらく騙しだまし使っていたのだけど、旦那が夜寝る前に、部屋でインターネットでテレビを見ながら寝たいというので、そんな画面では不可能(笑)


ということで、3年くらい前にスペインのお店で、同じメーカーのパソコンを買ったのだけど、去年くらいから

「あなたの OS のライセンス期限が切れるので、コードを入れてください」

というメッセージが出るようになった。

買ったお店に行ったら、あぁ、、、と言ってなんとかしてくれたんだけど、その時は10ユーロ取られ、もう二度と出ないから大丈夫よ!と言われた。

そして、また1年後近くに同じメッセージが出た。

また持っていき、今度は5ユーロ取られた。

さらに、またこないだ、まだ4ヶ月くらいしか経ってないのに、同じメッセージが。


さすがにムカついたので、もう二度とその店には行かないことにした。
本当はその店がなんとかするべきことだけど、結局なんともしないからね。こういう場合。

要は、安いパソコンを買って、OSを自分の店で入れて、それを使わせていたということなんだけど、割とみんなそういうことをやっているらしい。
ので、なにかしら設定のしかたが悪いんだよ、と他の店で言われた。

でももう、オリジナルのライセンスでないせいか、使い勝手が非常に悪かったので、オリジナルのライセンスを買うことにした。

130ユーロくらい。

そこのお店、うちからすごく近くて、夕方から夜しか開いてないんだけど、親切だしちゃんとしてるので、その人に任せた。

ということで、Windows7 から Windows10 に一気にグレードアップ!

スペインのパソコンなので、やっぱりOSはスペイン語なのだけど、日本語も書けるので快適!

やっぱり、画面の角度を必死に片手で調整しながら、片手で書くのはしんどかったわぁ・・・・

ブログはやっぱり日本のパソコンの方が書きやすかったんだけど、変えたらやっぱりこっちの方が快適だ。

最近、更新が遅かったけど、また更新し始めます。
sidetitleプロフィールsidetitle

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleその他sidetitle
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。