FC2ブログ

親の影響。

ちびっ子にとって、親の影響というのはすごく大きい。

と、言葉にするとすごく簡単だけど、本当にものすごく大きい。

大事なのは、ゲームを買ってもらったかとか、遊園地に連れてってもらったかとか、レストランに連れってってもらったかとか、そんなことでは一切ない。

実際、うちの両親は毎週のように私を遊園地に連れて行ったらしいが、まったく記憶がない。

そんなことよりも覚えてるのは、おばあちゃんの膝に座って一緒にテレビを見たこととか、お母さんにめちゃくちゃ怒られたこととか、迷子になって迎えにきてもらったこととか、そんなことだ。

お父さんについては、週末早起きすると、麻雀で朝帰りの父と出くわして、美味しいインスタントコーヒーをいつも淹れてくれたこととか、そんなこと。

お金をいくらくれたとか、何をしてくれたかとか、そういうことって最終的にはあまりどうでもいいことなのだと思う。

普通に暮らせていれば。

だから、親がいてほしい時期に、親を亡くしたとか、離れて暮らさなければいけなかったとか、あんまり注意を向けてもらえなかったとか、そういうことって人格形成にすごく影響するんだと思う。

やっぱり、子どもにとっては、親がいるだけで生きる上での安心感があるからね。

生きるのに不安、って普通の感覚じゃないわけよね。


かといって、不幸な子供時代を過ごしたからといって、だから私の性格はちょっとおかしくなっちゃったのよ!親のせいよ!と言って、何をしてもいいってわけじゃない。
そして親を責めたところで、過去が変わるわけじゃない。
もう、自分がなんとかするしかない。

大人になった今、親がどういう人なのか、どんな状況だったのか、知ることによって、親に対する理解ができれば、気持ちが整理できれば、自分の中にある過去の記憶を少し変えることができるんじゃないかと思う。

そして、思い出は思い出の箱にしまって、そっとしておく。

みたいな。


人は辛いときとか、パニックになったりすると、記憶が交錯することがある。

そういう過去の子どもの頃の傷が癒えてないと、ワーッと噴き出して、問題行動を起こしてしまう。
実はそんな現場を結構見た(笑)
そして、それを聞き取り調査して、目の前で少しずつ癒えていくのを見てしまった。

人間って、捨てたもんじゃないな、と思った。

傷を受けた人ほど、それを乗り越えることができれば、人間として大きく成長できる可能性を秘めている。

ただし、乗り越えられるかどうかは、協力してくれる人に出会えるか、というのも運かもしれない。

一期一会 という言葉があるけど、だからこそ、人との出会いを大事にしたいね。


そんなことを思った5月の朝。

.

theme : メンタルヘルス
genre : 心と身体

気づいたこと。

うつ ってね。

頑張って頑張って頑張って、何かをやりたい時。

やってるんだけど、できない時。

自分の力ではどうにもならないことを、どうにかしようとしてる時。

そんな時の無力感。

ずばり、これが原因です。


環境を変えたい時とか、本当は逃げるしか道はないんだけど、なんとか頑張って環境の方を変えようとしたりね。

お天気に逆らうみたいなもんでね。

雨がそんなに嫌だったら、もう雨が降らないところに行けばいいんですよ。

ほんとはね。


なんだけど、なかなかそうもいかなくてね。

それか、あきらめるか。


それでも頑張って頑張って、なんとか雨を避けようとする。
雨が降らないようにお祈りしたりとか。

そういう感じです。

.

お通じの話。

身近に便秘症の人がいるので、最近、お通じについての情報収集をしている。

普通の薬局ではなく、健康食品屋さんみたいなところで、自然由来の薬などを置いているのだが(むしろそっちがメイン)聞いたらいくつか教えてくれた。

まずは アロエベラ の錠剤。

一日2粒か一粒飲んだら毎日快便!ということらしい。

そして センナ茶。

名前が como un reloj (時計のような)。
毎日きっちり出る、という意味か。

また、スイカやメロンもお通じをよくする成分があるらしい。

水分をたっぷりとるのは基本である。

できれば温かいスープや飲み物などをとって胃や腸を温めて、活動させるのがいいらしい。


あと、人によっては何かを読む(たとえばシャンプーのラベルなど)と便意をもよおすとか、目線を下にやることでリラックスするからだとかなんとか。。。

そして軽い運動も欠かせない。

やはり、全然動かないと腸も動かないので、一日30分でも歩いたり(2回に分けて15分ずつでもいいらしい)するとよいらしい。


今すぐトイレに行きたい場合は、つま先立ちを5分とか。
(1分くらいでもいい)

またはお腹をマッサージとか、ストレッチとかもある。

そして、便秘に効くツボというのがあるらしい。

おへその両脇、指三本分離れたところと、背中。
(知りたい人は自分で調べて)
そして万能のツボ、合谷。これは手の親指の付け根、水かきの部分にある。

そしてスペインならではの解決法は、オリーブオイルを大さじ1杯飲むこと。
これは便を柔らかくするらしい。

もっともお昼にサラダを食べる時に、オリーブオイルをたっぷりかけてるので、うちはそれで充分とれる。
結構、油も重要なのだ。


こうして調べてみると、世の中にはいろいろな方法があるなぁ。
しかし、最初にあげた アロエベラ と センナ については、下剤なので、どうしてもという時に使うのはいいが、日常的に使うのは避けた方がいいらしい。
腸を傷つけてしまうそうだ。
(実は毎日飲んでる、っていう話もよく聞くんだけど)

一番いいのは、適度な運動と健康な食生活だね。
そしてなによりも、ストレスを溜めないこと。

すべてはつながっているのよねぇ。。。


気が向いたら、バナー押してください♪



人気ブログランキングへ

theme : 健康
genre : ヘルス・ダイエット

tag : スペイン

Sandia スイカ

最近、脚のむくみや、浮き出る血管をどうにかしようと模索中である。

いわゆる西洋医学の薬とかはなるべく使いたくないので、自然食品屋(薬草屋)に行ったら、 Castaño de indias セイヨウトチノキの薬を勧められた。

効果の方は、、、、どうだろう?

まだそんなに日にちが経ってないので効果を実感とかはまだわからないが。。。。

そしてここ最近、スイカを食べまくっている。

美味しいというのもあるが、スイカはカリウムが豊富なので、塩分をとりすぎな人にはとてもいい。

さらに、血行を促進させる物質も豊富なようだ。

種も体にいいらしいので、バリバリとそのまま食べている。

もっと前から食べ始めていればよかったなぁ。。。

今までスイカって別に興味がなかったので、買ってもたまにしか食べなかったが(旦那は好物)安いので積極的に食べるようにしている。

1kg45センティモなので、一個丸ごと買っても3ユーロもしない(5kg程度)。

夏はなんでも安いよな~。

トマトの値段も上がってきたし、味も変わってきた。

私が冬が好きじゃない理由その1。

.

theme : ダイエット・美容・健康
genre : ライフ

病院でエレベーター事故

セビージャにある Valme という大きな公立病院で、エレベーター事故があった。

出産の後、エレベーターで階を移動しているところだった。

移動式ベッド(ストレッチャー?)で、エレベーターを降りている時、エレベーターが急上昇し、おそらく頭が天井に挟まって亡くなった。

25歳の女性で、3人目の赤ちゃんを無事に産んで、家族はみんな幸せいっぱいだったのに。。。。


そしてスペイン人は、政府の医療費の削減でメンテナンスが正しく行われていなかったのではないか、人がストレッチャーの前方と後方に付いていなかったのが問題だとか、とにかく二度とこんなことが起きないように、正しく事故究明を!!と病院の前でデモを行っている。


しかし。

そもそもエレベーターが扉が開いたまま急上昇するというのが、異常事態であって、人が何人ついていようが、運が悪かったら誰でも殺される可能性があると思う。

エレベーターに乗る時は、なるべく素早く乗り降りするように心がけたい。

.

生まれつき

12星座というものについて一考察。

不思議なことに、私の周りには異常に水瓶座の人が多い。

出産に適した季節なのか?


さておき、天候はその日の気分に影響を与えることはたしかだ。

雨の日は猫とかの動物は狩りができないので眠くなるとか、おそらく人間もそんな感じで本能的にテンションが下がったりするような気がする。

また、人種によって気質が変わってくるのは想像できるかもしれないが、それだって、生まれ育った地理、気候が大きく関係していると思うのだ。
気候が遺伝子レベルに変化を及ぼしている。
肌の色が黒くなるとか白くなるとか、背が高くなるとか小さいとか。

なので、生まれた日の太陽の位置がその人の気質に影響を与えるというのは、ありうることなのだと思う。

不思議だねぇ。

.

ストレスが多い理由。

うちの旦那はかなりストレスが多い人だ。

たとえば自分の家族が慢性的な病気だったり、家族が貧乏だったり、なんやかんや問題が定期的に発生しては、ストレスだと言っている。

まぁ、私からしてみれば、旦那の家族は赤の他人なので、何が起ころうがストレスに感じることはない。

なんだけど、血の繋がった愛する家族だとしても、もう少し切り離して見たら楽になるのにな、と思う。

そして、子どもたち本人が「こんなことがあって大変だったよ~」と言いに来ても、大変なんだろうけどまぁ頑張るしかないことで、うちの旦那の方が精神的ダメージを受けている。

ここの人たちは、特に子どものことになると、異常な心配をして、異常行動に出たりするので注意が必要だ。


つまり、ストレスが多い理由は、ストレスが多い環境にいるから、というよりも、ストレスを感じやすい体質だからなのだ。

ストレスに感じることがあるなら、一番の対策はそこから離れることである。
しかし、この人は自らストレス環境に飛び込んで、ストレス原因を呼び込む習性があるように見える。

結局のところ、体の部分に不調が出てくる。
肩こり、坐骨神経痛、頭痛、歯ぎしり、うつ病などなど。。。

すると体調も悪いので、今度はこっちが主なストレスになる。

こうなってくるともう、いたちごっこだ。


気候や身体に与える負荷(運動や労働、怪我など)もかなり大きなストレスの原因になるのだけど、いわゆる一般的に考えられる精神的ストレスは、本人の感じ方が一番の問題になっていると思う。

何かやられて嫌だ、と思ったら、反撃するとか、無視するとか、逃げるとか、話し合って解決するとか、いろいろな方法がある。
それをしないで、ひたすら我慢するだけなら、それはストレスだ。

基本的に私はしんどいことが嫌なので、何かあったら「なんとかしなきゃ」と頭をフル回転させる。
我慢っていうのが大嫌いなので(笑)

ストレスに鈍感すぎてもダメだと思うのは、頑張りすぎて、気づいたらボロボロになっていた、、、というパターンも結構よくある。
うつ病の人がそれに当てはまる。


自分の許容範囲を超えるストレスが突然やってくるかもしれない。

それでも、乗り越えるのは、結局自分の力なのだよね。

統合 2

こないだは、なんであんな記事を書いたのかというと、とある精神疾患を患っている人と話したことがきっかけだ。

今、入院中で、今までとは少し違う、その人にとっては新しい治療法をやっている。

正直、この治療法はしんどい。


基本的には、その人の精神疾患は、ただひたすら苦しい、、、生きていたくない、、、という状態が24時間、すでに何十年もそんな状態が続いている。

薬でも治らない。

もっとも、飲んだだけでスカッと治っちゃう薬とか、この世には存在しない気がする。

たとえば、コレステロールが高かったら、薬を飲む前に、生活習慣を見直さないと意味がない。

食事もそうだし、運動もしないといけない。


プリモ・バッティアンは、てんかん持ちなのだけど、アルコールを摂取すると、てんかん発作が起こる。
なので、酢も使わないし、マヨネーズも食べない。
アルコールを含んだシャンプーかなんかを使って、やっぱり発作が起きたとかも言っていた。

とにかく彼は徹底している。
苦しむのは自分だものね。

とにかく、薬だけ飲んだって、生活習慣を見直さない限り、病気は治らない。
私はそう考える。

その精神疾患の人は、薬だけ飲まされて、何もしない。
何もやる気が起きない。それも病気の症状の一つ、といってあきらめていたら、何も変わらない。
医者は「なんか運動とか手作業とかやってください」と言うだけで、なんにもしてくれない。

当たり前なんだけどね。


とにかく、その人と少し話していて、新しい治療法で人格が変わってきているという。

いつもだと、割とボケっとしている感じなんだけど、頭もはっきりしているようで、何かにイライラ怒っているような感じだった。
そして、こんな自分は本当の自分じゃない!
薬のせいでこんななっているんだ!

まぁ、完全に間違っているとも言えないが、それはさておき、自分が悪い人間に変貌してる気がする、と。

たまにその人のことを「聖人のようにいい奴だ」言う人もいる。
が、私は元々そんなにいい奴だとは思っていない。
だからといって、すごい悪い奴だとも思っていない。

しかし、いい人ぶってるのは私は知ってる。

しかし、病気のため、自分のことをいい人間だと信じ込んでいるふしがある。

悪い自分は認めたくない。

だからね。それで頭がおかしくなってるんじゃないかな、と思うわけ。
そして今、新しい治療法で、悪い自分が刺激されて、浮き出てきた。
さらに、現在、本当に苦しい状態なのだ。

人間は苦しい時、痛い時、不幸だと思う時、イライラして性格が悪くなる。

普通でしょ?

誰しも、いいところと悪いところを持っている。
全ての側面をひっくるめて、自分。

自分で自分の中身を統合させるのは、とっても大事だな。

.

theme : メンタルヘルス
genre : 心と身体

統合

感情にふたをする。

自分はいい人でいたいから、悪い奴な自分を封印する。

親にいい子として見られたいから、悪い子な自分を封印する。



でもさ。

人間って、良い部分もあれば、悪い部分もあって当たり前だと思うのね。

しかも視点によるわけで、「それはすっごい悪い!」という部分も、別の視点から見れば「まぁたいしたことないよ」ともなるし。

誰がその部分を悪い!!!!と言ってるかといえば、実は自分が一番思ってるわけだよね。

悪口、批判は身近な人から言われると、非常に落ち込む。

だから、自分で自分自身のことを悪く思う、責めると、もう内臓から傷つけられる。


というようなことを誰かが書いていたのを読んだことがある。


しかし、まぁ、自分のこういうところが嫌だな!ダメ!と責めるくらいなら、実はまだいい。

それを完全にないもののごとく生きることもできる。

それは実は最も強力な自責なのだね。

だって、無視してんだから。

身近な人に無視されたら傷つく。

それが自分自身で無視しちゃってるから、自分に対する最強のいじめなのだ。



それは、精神壊れるよ。

坐骨神経痛 アシアティカ

実は旦那、3年前にアメリカに公演に行った時から、坐骨神経痛なるものを患っている。

アメリカに行く時の飛行機で真ん中の席にほぼ10時間座りっぱなしだったこと、いろいろなことでものすごいストレスがかかったことで一気に出た感じ。

最初はふくらはぎがだるいとか言って、コレステロールが原因かと思い、検査したらコレステロール値が高かったので薬を飲み始めた。
その1週間後くらいがアメリカだったのだが、公演が終了してから突然ふくらはぎが激痛(その前も痛くてしんどかったらしいが)になり、お客さんで来ていた人で医者がいて、「もしかしてコレステロールの薬でスタチン系飲んでる?」と言われ、ずばりその薬を飲んでいた。

なんでも、そのスタチン系の薬はアメリカではすでに禁止されているようで、というのも横紋筋融解症という、すごく簡単に説明すると筋肉が融けてくる症状が現れることがあるらしく、ふくらはぎの激痛というのが、それの典型的な症状らしい。

結局、スペインに帰ってから、歩きづらくてどうも坐骨神経痛ではないか、ということになった。

坐骨神経痛ってなった時、急性症状はびっくりするくらい痛いらしいんだけど、今思い返せばあの瞬間だったのかもしれない。。。

それから坐骨神経痛に効くものを探し続けて、試し続けて早や3年。。。。。。


その間も、病院にかかって、MRIを取ったり、筋針電図検査というのをやったり。。。
一番最初にMRIを取った時はヘルニアになりかけてると言われたのだが、二回目は何もそれらしきものは見当たらないと言われた。
これ、もしかすると、アルコスにいる凄腕の整体師のところに行った後だったから、それで治ったのかも?

そしてそのあとに耳介療法というので、耳の一部分(数点)を針のようなコテで焼くということも行った。
これをすると痛みがすっかり消える!、、、というのだが。。。。。


結局のところ、最終的には筋針電図検査の予約を待つこと7ヵ月、検査の結果、坐骨神経が骨に挟まってるとかヘルニアとかそういうことはない!ということだった。

医者に指示されたことは、軽い運動を続け、固まった姿勢でいないこと、筋肉をつけること、のみ。

薬かも?!手術かも?!とワーワー騒いで待っていた旦那だが、2年も待って何もないって言われるとねぇ。。。。。

いや、私はわかっていたけどね。

坐骨神経痛のことを、スペインというかアンダルシアでは 「アセアティカ」 もしくは 「シアティカ」 と言う。
綴りは 「 ciática 」 

そんなわけで、アシアティカとも言ったりするわけだが、Asiatica というと「アジア人女性」という意味にもなる(笑)

なので、旦那が「アシアティカ!アシアティカ!」と騒いでいても、けしてアジア人女性のことを指してるわけではなく坐骨神経痛のことを言ってるので、気にしないでください。

theme : 肩こり・腰痛など・・
genre : ヘルス・ダイエット

tag : スペイン 坐骨神経痛 耳介療法

プロフィール

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

最新記事
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

その他
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。