人々はわからない。

人の判断基準なんて、案外いいかげんなものだ。

先入観というものが全くなしでモノを見るというのは、本当に困難極まりない。

先入観、というと誰かの入れ知恵みたいなもので、誰かから何かを吹き込まれた言葉みたいなイメージだが、ここでいう先入観というのは、それだけではない。

たとえば外国の習慣などに触れる時、やはり常に自分の習慣、文化が下地となっている。

どういうことかと言うと例えば、スペイン人を日本の家に招待した時、何も言わなければスペイン人はそのまま靴でズカズカ入ってしまう。
いくら玄関が一段上がってるからといっても、それは彼らにとってはただの階段に過ぎない。

知らないことはけっして悪いことなのではない。

どうしようもないことなのだ。


そこで、玄関では靴は脱いでくださいね、と言って激しく抵抗されるなら、出入り禁止にすることも可能だし、緊急事態ならそのまま許可することもありうる。

でも別に相手に合わせてこっちのルールを変えてやる必要なんてないのだ。


今のフラメンコに関して、フラメンコに限ったことではないかもしれないけど、それがずいぶん昔から起こっていて、もう今までのフラメンコと呼ばれるものは絶滅寸前だと思う。

さっきの例えで説明するなら、家に他人を招き入れる人もテキトーで、まぁお客さんがいっぱい来るならいいかと、どうぞどうぞとお客さんを迎え入れた結果、家にあるものとかもどんどん盗まれたりとか、勝手に触られて壊されたりとか、いらないものを持ってこられたりとかして、もはや日本家屋とは呼べないようなカオス状態になって途方に暮れているみたいな感じ。

さらにメディアや政府が口をそろえて 「これが日本家屋です!」 と世界に自慢しているような状態。

それを見た、何も知らない人々は、「そうなのか」と思うよね。
元の状態なんて知らなければ、わかるわけがない。

いろんな日本家屋があるっていっても、ある一定の、暗黙の了解みたいなものはあるじゃない?
材質とか、玄関の形とか、ある程度。


それをフラメンコに置き換えてみると、 「いろんなフラメンコがあるよね」 という意見も聞くことが多いけど、ヘレスのフラメンコとかレブリハのフラメンコとか、セビージャのフラメンコとかそんな言い方をする。
そこまではいいと思う。

なんだけど、男性がバタ・デ・コーラをはいて踊ったり、ただひすらサパテアードばっかりだったり、フラメンコではない音楽(サルサとかクラシックとか)とフラメンコの衣装と靴を履いて踊ったり、、、、

それ、フラメンコの衣装さえ着てればなんでもフラメンコですか?
(もっとも最近の流行は舞台の上で衣装を脱ぐことらしいけど。)


こういうことを書くと、攻撃された!と思う人もいると思うのだけど、そういった不思議な変わったものをフラメンコと呼ばれているのを見聞きするたびに、攻撃されているような、蹂躙されていると感じる人が多く存在していることを知ってほしい。



気が向いたら、バナー押してください♪
アクセス数アップを目指しています♪


人気ブログランキングへ

書きたいこと

書きたいことがたくさんあるんだけど、書けない。

嬉しいこともあれば、残念なこともあり、怒ることもたくさんある。

いろんな感情がもやもやと心の底から溢れてきて止まらないのだが、文章にできない。


ヒターノが好き♡

フラメンコの話で、かなり大雑把な言い方をするけど、フラメンコは別にヒターノが作った、という証拠、文書などは存在しないから、これはヒターノのものではない、みたいな言い方をするスペイン人がいる。

正直、ヒターノのカンテヒターノ、バイレヒターノなどを見れば一目瞭然だと思うのだけど、スペイン人でフラメンコに憧れる人間で、どうしても自分がフラメンコ的に人種として遅れをとりたくないというか、劣ってる種族(ヒターノではないスペイン人)という風に思いたくない者がそういうことを言う。
むしろヒターノを目の敵にしている。
そして、新しいフラメンコだと言って、わけのわからないことをやっている。
そして、世界遺産だからユニバーサル!とか、さらにわけわからないことを言っている。


私なんかは、正直いってスペイン人ですらないわけで、歌詞が日本語の演歌を聞いてるかのごとくすんなり理解できるわけでもない。

でも、ヒターノが好き♡

だからといって、すべてのヒターノが好きというわけではない。割と節操がある方だと自分では思う。

ここで何が問題になっているのかというと、ヒターノたちは、フラメンコは自分たちの文化だと思っている。

別に自分たちだけのものだなんては言ってなくて、だけど変なものを見た時、私たちの文化が馬鹿にされている・・・と感じて嘆いたりする。

そういうことをヒターノたちが言うと、人種差別主義なスペイン人は、「スペインには人種差別なんてないんだ!もうヒターノがどうのこうのとか、被害者ぶるのはやめろ!だいたいにしてフラメンコはヒターノのものなんかじゃない!」とか怒り出すわけね。

「ここには人種差別なんてない!」

この言葉を聞いたら、要注意。


さておき、何が言いたいのかというと、文書などの記録がないからヒターノが作ったわけではない、とないものにしようとする人のことね。

証拠がないからといって、あるものがないことになっちゃう?

あるものはある。

それが証明できようが、できまいが、あったものはあった。

あったものをなかったことにできない。

.

突然の来客

穏やかな日曜の夕方、玄関のチャイムが鳴った。

のぞき窓から見ても、全然知らない男性だった。

ドアを開けると


「ミゲルはいますか?」

「え、えぇ、、、どちら様ですか?」

「僕たち、グラナダから来たんです!ミゲルに会いに来たんです!ぜひフラメンコの話をしたくて!」

「うーん、ちょっとまだパジャマ姿なので、、ちょっと会えるかどうかわかりませんよ。聞いてみます」


結局、ちょっと内心ビビりながらも、家に入ってもらった。


男女で6人くらいいる。
その中の一人の女性が

「キャー♡ 白いスカーフかけてる!本物だわ!」

と興奮ぎみに言っていた(笑)

スペイン人で家に来るのは、友達とか親戚だったりするので、こういうリアクションはスペイン人では初めて見た。

最終的に、旦那は少し服を着替えて外にお茶しに行ってもらった。
話を聞いたら、レブリハに着いてから 「ミゲル・フニに会いたい!」 と町の人に聞きまくってたどり着いたそうだ。



昔の自分を思い出して、ちょっと胸が熱くなった。

ただひたすら会いたくて、町のバルとかで、一人でわーわー言ってた自分。
一人で家のチャイムを鳴らす勇気はなかったので、誰か近所の人でも友達でも知り合いでもいいから、「紹介して!!!」と頼み込んで、やっと会えた自分。

何年越しの願いが叶った瞬間、、、、今思い出しても泣けてくる。

その人が、ただ普通に生きているだけの空間で遭遇し、ただ普通に立っているだけなのに、なにか恐ろしくて声をかけられなかったこともある。

人の手を借りて紹介してもらった時、自分がさんざん紹介してくれ!と言ってたくせに、ひるんで近づいていけなくて、挨拶する前から号泣していて、ちょっとビビられたんだった(笑)


本当に会いたいと強く願えば、願いは叶うもんなんだ。
時間さえ間に合えばね。



気が向いたら、バナー押してください♪
アクセス数アップを目指しています♪


人気ブログランキングへ

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

ヒターノって。

今、テレビでは Gipsy King とか、ジプシーなんちゃら という番組をやっている。

Reality といって、日本でいうと ムツゴロウ王国の暮らし とか、子だくさん家族 とかの家にテレビが入って彼らの生活ぶりを放送するもの。

台本があるんだとか、ないんだとか。


なにせ、ヒターノたちの生活大公開!みたいな感じで、ちょっと面白おかしく事件が起きたりする。

うちの旦那や親戚は、みんなヒターノなので、そういう番組を見て、「私たちはこんなじゃない!私たちのことを笑い者にしている!」と怒ったりしている。

たしかに、生活ぶりを見ていると、家の内装が全部キンキラキンの金色でコーティングされていたり、ゴテゴテの金のアクセサリーを子供からジジィまで身に着けていたり、どこをどう見ても若者はすべてヤンキーだったり。。。。

私の周りではあまり見たことがない感じだ(笑)

うちの家族で金のアクセサリーをつけている人って、結婚指輪くらいかな。

そこのテレビで見た人との共通点といえば、夏になると特に男性は、白シャツ、白ズボン、さらに族長みたいな偉い人は白いスカーフを首からかけている。
(それを見て旦那は「俺の真似!!」と言う。実際、70年代くらいに一世を風靡したというが)

しかしそこに出てくる、あるバイラオールみたいな人が「僕の所持金は全部お母さんが管理してるんだ。持ってると一日で全部使っちゃうからね。」と10ユーロもらってた(笑)

これは、うちの旦那と一緒。

うちの旦那の場合は、使っちゃうわけではなくて、落とす。

もしくは、騙されて盗まれたりする。

まぁ、なんせ、お金は持ち歩かないに越したことはない人だ。

.

心をこめる。

フラメンコのカンテは難しい って、よく聞きます。


難しいです。

うん。


まずはスペイン語の問題。
でも、逆にいうと、これがあるからこそ、気軽にその道に入る気になれるのではないかと思います。
ある意味、特権でもあり、問題でもあり。


普通のスペイン人の感覚だと、「カンテが好きなんだよねぇ。。え?自分が歌う?とんでもねぇっす!無理無理!」となるのが一般的です。

だからこちらで アフィシオナード と言うと、「フラメンコが好きな人」という意味であって、日本みたいに 「プロではなく、好きで何か(歌、踊り、ギターとか)やってる人」 という意味では一切ありません。

ジャズやクラシック音楽が好き、といって全ての人が楽器をいじったり歌ったりしないのと同じです。

ということで。

カンテの何が難しいのか、昨日テレビを見て、思ったことがあるので書きますね。

若い男の子がカンテを歌っていました。
16歳くらいかな~?20歳はいってないと思う。

いい感じで歌っていました。

なかなかうまい。

なんだけどね。いいのは歌が上手いっていうよりもね、心がこもってるなぁ、、、って思ったの。
ちゃんと彼から出てるなぁ~ って。

歌でも踊りでも、なんでもそうだと思うけど、形をなぞるというのは、できると思うんです。
一生懸命練習したり、研究すればね。

なんだけど、カンテというものは、そこにある形に 「自分の魂をのせる」 ことだと思うんです。

日本語でわかりやすく言うと、それが 「心をこめる」 ということだと思うんです。


昔々、かつては私もスペイン語のスの字も知らない時からカンテに挑戦していました(笑)

歌詞を習って、意味も習って、その歌詞の風景を思い浮かべながら歌うもんだと思ってた時期もありました。


でも、それは風景を思い浮かべながら歌う、ってだけで、私の心はこもっていない。

心をこめて料理を作るとか、丁寧に仕事をするとかね。

カンテにこめる 心 はそっちの方が大事なんですね。

たとえば、心をこめてバレンタインチョコを作る時って、チョコの美味しさに命かけてるわけじゃないでしょう?

思いを伝えたいからチョコにこだわるんだよね?

誰かに 美味しい♡ って食べてほしいからだよね?

こいつ、こんなすげぇチョコ作れるんだ?!って感心してほしいからじゃない。


カンテとか、フラメンコというのは、 心そのもの なんです。

シギリージャを歌うから悲しい、アレグリアスを歌うから楽しい、という風に、歌によって自分の気分を変えることじゃない。
ていうか、自分の気分とかそんなもの変えられないし(笑)

たとえば旦那と話していると、会話の内容や言葉尻をとらえて、そういう歌詞の歌を歌ったりします。

その歌詞全てに自分の気持ちがマッチしてなければいけないわけじゃない。

たったの一言。 ただその歌を思い出すきっかけの気持ちがあればいい。

その歌を歌うたびに思い出す思い出や感情もある。

歌に対する思い入れとか、そんなものもある。


そういうものが、歌の中に含まって、体の中から出てくるんです。

それをアイレと言い、さらにその素敵な部分が見えた時に、アルテ(芸術)と呼ぶ。

形 じゃない。

さらに、そこに魂が入ってる。


だから、内面が醜い人間にはアルテは難しいかと思います。
たまに、醜い内面が現れた時も 芸術 と呼んだりすることもありますが、私は個人的にはそういうの好きじゃありません。

美しいものが好きです。

だから野生動物とか見ていて、癒されるし、美しいと思う。




気が向いたら、バナー押してください♪
アクセス数アップを目指しています♪


人気ブログランキングへ

旦那の夢。

旦那が

「今、ホアン・タレガの夢を見ちゃったよ」

と言った。


「おい、ミゲル!この女の子は誰だい?」

「僕の妻のアキコですよ」

そしてなんか歌ってたらしい。


私がいるのに、私は聞けない。

なぜなら旦那の夢の中だから(笑)

ビデオだったら見せて!と言えるけど、こればっかりはどうしようもない。


私  「ホアン・タレガと知り合い?」
旦那 「当たり前だろ」

う~ん、、、世界が違いすぎて想像できん。



気が向いたら、バナー押してください♪
アクセス数アップを目指しています♪


人気ブログランキングへ

最近の 「フラメンコ」 と呼ばれるものについて。

2018年ももう2月に入った。

古臭いことを言っていると、もう21世紀なんだぜ!とか言う人がいるけれど、なんだかその発言は好きではない。

古臭い ってなんだろう?

古い ってなんだろう?


たしかに、連絡方法として煙を焚いてのろしを上げていたら、さすがに「電話使いなよ」と言いたくなるが、法律に触れなければオリジナルで面白いと思ってしまう。

たとえば雨ごいをするのに、誰か生贄にならないといけない、とかなったら 「おい!おい!」 となるが、それが2000年前だろうと許されないことだと思う。(少なくとも私の感覚では)

何が言いたいのかというと、そういう時代だから、というのは何かをする時の言い訳として成り立たない、ということだ。

良いと思うから 「いい」。
悪いと思うから 「悪い」。

それが時代に影響されてる部分はもちろん大きい。
そんなことは言うまでもない。
時代がそうだから、と大義名分みたいに使うのが、イヤ。


はい。最近毒づいてなかったので、そろそろデトックスの時間が来ました。

最近のフラメンコについてね。いろいろ思うことがありすぎて、見る気も失うくらいだったわけですけれども。

誤解のないように最初にことわっておきたいが、日本のフラメンコについてではありません。


日本のフラメンコとか場所とか人種などは、どうでもよい。
いや、むしろ、日本にあるフラメンコの方が、日本人の方々の方が真摯に、尊敬を持ってフラメンコに接している人が多いかもしれない。

先日、テレビ(Telecinco という、日本でいったらフジテレビみたいな大手局)のコンクール番組で 「Go☆Talento」 というのがあって。
2分間で一芸を披露するというものなのだけど、日本人が出てたんです。

セビジャーナスを踊るといってね。

多分、30前後かもう少し若いかな?いかにも普通な感じの日本人男性な顔と髪型してましたが。

変なちょび髭つけて、黒縁メガネしてました。

体は全身黒タイツでね。

虹色のブリーフタイプのパンツを上に穿いていました。

面白おかしく踊っていたみたいです。

私はたまたまキッチンにいて見なかったんだけど、終わった瞬間に見ました。

審査員の一人は、あまりにひどすぎるので、立ち上がって楽屋に帰ってました。


んで、その人はスペイン語もわからない(フリなのかも)、アホみたい。

5年間セビージャの道端でライブをしてきて、スカウトされたんだかなんだか。。。

こんな奴、テレビに出すなよ!

しかも フラメンコ の フの字 も言ってほしくないわ!!

日本人としてもバカにされた気がしたし、ヒターノの旦那を持つ私としては、フラメンコ、旦那の大事な家族の文化を笑われた気がして、腹が立つなんてレベルはとっくに通り越して、複雑な気持ちになった。


そしてその番組の最後の方で、他のフラメンコユニット???みたいのも出てね。

バイラオールらしいんだけど、なぜかインドの民族衣装みたいのを着ていてね。
インド人の友達にプレゼントされたから思い出のものかなんか知らんけど。

フラメンコのリズムに乗せて、英語の有名な歌かなんかを歌っていて、それに合わせて踊る、みたいな。

一切リハーサルはしてないんです!

ということで、さっき日本人には怒って出て行った審査員がそこにえらく感動し、大拍手。

他の審査員は「ちょっとなぁ・・」って感じだったんだけどね。


話だけ聞いてたら、「そうそう、フラメンコってのは打ち合わせなしで、その場のインスピレーションが大事なんだよね」ともっともらしいことを言えるけど、、、、、、

いやーーー、これ、日本の子たちだったら、本当に完全にぶっつけ本番でも、もっともっと素敵なショーができるよ?!

というレベル。

これってもはや意図的に

 「フラメンコはヒターノのもの(文化)ではない」
 「フラメンコはユニバーサル(もはやユニバーサルの意味すらわかってなさそう)」
 「だから従来のフラメンコを刷新すべき」

という流れを作っているように感じる。

その意図は実はかなり前から、2005年にレブリハでカラコラーを見た時に感じたのだけど、ここ最近、本当にそれが露骨になってきた。

フラメンコを世界遺産に制定したあたりから急速にそれが進んだ気がする。

その少し前に、ベルナルダが亡くなって、もう本当にあの世代のフラメンコのアルティスタはいなくなってきたなぁ~と思っていた矢先。


こないだはフェイスブックで、I.Gバンの劇場公演の一場面の写真が出ていた。

椅子に座って歌っているカンタオールの写真なんだけど。

ズボンが下りてる。

ウ○コ中?


それについていろいろ批判してる人が多いが、それでも「いやいや、それはそれで一つの作品だから見てみないことには評価できない」とか言ってる知識人ぶってる人とかもいてね。必ずいるんだよね、そういう人ね。


でもさー、映画とかでも、あんまりひどく残虐なシーンとか、エロいシーンとか規制されてるでしょう?
舞台だってそれと同じだと思うんだよね。

もっとも演劇としての作品、フラメンコではないのならどうこう言うレベルではないのかもしれないけど、「フラメンコの作品」としてみんなは見てるわけだよね?
フラメンコを全然知らない人が、「フラメンコって世界遺産なんだってー。ちょっと見てみようか、この人有名みたいだし。へー、舞台の上でズボン脱いだりするんだぁ。変わってるぅ~」

とか思うわけよね。


よく考えてみて。

たとえば外国映画とかで日本人が出てくることありますね。
どんな映画にも日本人として、常にラーメンマンにスーツ着せた人が出てきて、「日本人=ラーメンマン」みたいな印象をその国の一般人ほとんどが持っていたら、どう思いますか?
バカにされてるって思いませんか?
もちろん一般人は何も知らないからバカになんてしていないんだけど、そういう洗脳をしている側に責任があると思いませんか?

私は毒舌だと思われてるのかもしれないけど、毒を毒とも気づいてないで飲み込んだままなんかにしてたら、頭おかしくなっちゃうわ。

今日は旦那の誕生日なんだけど、なおさら旦那を大事にしないといけないと感じます。

フラメンコ界にとって、この人の存在は本当に大事だから。。。。


.

計画を立てる企画。

クラウドファンディング という言葉が最近ありますね。

何をするのにもお金って大事ですよね。


何か大きなことを達成しようと思ったら、人々の協力が必要です。

なんですが、お金よりも大事なこと。

それは 前に踏み出す勇気 だと私は思います。


なので皆さん、とりあえずお金はいりませんから、私の背中を押してください。

ミゲル・フニ に今年の夏以降、日本で会いたい という人。

この記事の拍手ボタンを押してください。
(一切お金とか発生しません)

50拍手 になったら、実際に計画を立て始めます。

よろしくお願いします。

.

ヒターノのフィエスタ

昨日は、ウトレラの親戚に呼ばれてフィエスタ(パーティー)に行った。

クリスマスだからというわけでもなく、誰かの誕生日というわけでもなく、主催者のベニート(ミゲルの従兄弟)が

家族みんなで集まりたい!!!

と、言って集まった。


スペイン人は本当に家族が大好きだ。

そしてヒターノになると、もう家族のこととなると、偏愛ともいえるレベルである。(もちろん人による)


レブリハからは、うちの旦那ミゲルと、肉屋のフェルナンドが行った(もちろん私も同行w)。

その日は年に一度のスペインの宝くじの日で、毎年12月22日はテレビで朝から抽選会の様子が流れる。

昼には全部結果が出るのだけど、なんと今年はレブリハのヒターノたちが買った宝くじがたくさん当たったらしい。
5等で6000ユーロだそうだ。
3000ユーロが当たったという人もいたりして、レブリハ全体で 1,000,000ユーロくらい当たった模様。



友達から「宝くじ当たったの?」と問い合わせのメールが相次いだが、残念ながら同じところで買った我々の番号は当たらずwww

でもまぁ、知り合いとか親戚にも当たったみたいで、本当にお金を必要としてる人たちだったので、むしろ嬉しい。

買った時、なんか当たるような気はしたんだ。

まず私が宝くじを買うことってないので(笑)


そんなわけで、宝くじの話はどうでもいいのだけど、宝くじに当たらなかった我々はウトレラに行ってきた。

3時すぎに着いて、出ていた料理はおつまみ系のものばっかりだったけど、みんなバクバク食べていた。

が、旦那とフェルナンドだけが、猛烈に勧められているにもかかわらず、なかなかちょっとずつしか食べない。
(お酒は飲む)

どうも聞くと、人の家に行ってバクバク食べる行為が恥ずかしい(行儀悪いと感じる)んだそうだ。

よく言う、

El flamenco no come 
(ヒターノは食べない)

という、アレだ。

日本でもお客さんとか目上の人が箸をつけなかったら、どうも周りも食べづらいみたいな感覚あるよね。

一気にガツガツ食べちゃったら、ゆっくり食べる年寄りの分とかなくなっちゃうでしょう?って。

そしてみんなお酒もほどほどに回ってきて、久しぶりの親戚たちといろんな話をしながら気分もほぐれてくると、歌が始まる。

一か所で始まると、それに対抗するかのように、次は別の場所で勃発する。

そんな小さな歌の輪が、ノリがよかったり、めったに見られない人とかだったりすると、輪のエネルギーに引き寄せられてどんどん人が集まってきて、そうしてフィエスタが始まったりする。

みんな、歌いたい。

みんな、踊りたい。

今、「感じる」から歌う。踊る。

みんなパルマを叩く。

ハレオをかける。

楽しんで、笑ったりしてるけど、本気で自分のはらわたをぶちまけてるような感じで歌ったりしている。

なんでもアリ(笑)

子どもはちょろちょろして遊んだりしてるけど、大人たちのやることを時々ぼんやり見ながらパルマを叩いていたり。

これでフラメンコを身につけるな、という方が無理だ。



こちらスペインでの日常生活の写真などを載せています。
よかったらフォローしてください♪♪♪
私のインスタグラム

気が向いたら、バナー押してください♪
アクセス数アップを目指しています♪


人気ブログランキングへ

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

sidetitleプロフィールsidetitle

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleその他sidetitle
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。