FC2ブログ

プロフィール

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

最新記事

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

その他

日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。

プエブロの感じ

昨日はレブリハテレビと、アルツハイマーの人を支援する会の主催するフラメンコのイベントに行ってきました。
入場料は3ユーロと安く、アルティスタ?が10人以上出る感じのものでした。(入場料はおそらく団体に寄付)

うちの旦那は主催者から、出演するマヌエル・モリーナが久しぶりにぜひ会いたいから来てくれ、と言っていると言われ、行くことになりました。
通常、こういうイベントは行かないです。

とりあえずマヌエルが出るから、ということで行ったわけですが、私はテレビの宣伝を見て、とても嫌な予感はしていました。絶対耐えられないだろうな、と。

MundoFlamencoというフラメンコ番組(レブリハテレビ)があるのですが、それのビデオをActuacionの合間に挟んだりしたのですが、10人?20人?いるアルティスタの演奏よりも、お客さんのテンションが一番上がったのは、レブリハのカルチャースクールのレッスン風景。そしてそこの先生の踊りです。

それと、なんか知らない男性バイラオールが飛んだり跳ねたりバタバタ足を打ったり、止まる度に拍手喝采。

その人の踊りは、まぁ悪くないとは思いますよ。でも、コンパスがずれてるんだよね。難しい足とか、ちょっとアクセントでリズムを打つとか、難しいならやめとけばいいのにな、と思います。

でもお客さんはもちろんそんなことわかるはずもありません。
だってコンパスとか知らないんだから。

なんか、、、よく練習したんだね~、という感じ。それでも日本のいわゆるプロの人よりは多少上手いんですけどね。

あと、イスラエル・ガルバンの変なコピーみたいな男性も出てきて、背の高いエガちゃんみたいな感じでした。お客さんはまた拍手喝采。
これフラメンコです、って高いチケット代払ってたら、私だったら大根を投げつけるレベルなんですが。。。

とりあえずレブリハの一般市民にフラメンコのアフィシオンが全くないことを痛感させられた日でした。

| ホーム |


 BLOG TOP