FC2ブログ

プロフィール

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

最新記事

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

その他

日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。

セマナサンタ

セマナサンタ(聖週間)とは、カトリックにとっては最も重要な行事である。

と、カトリックについて語るほどの知識はないので、詳しく知りたい人は自分で調べてください。

セマナサンタは年によって日程が違う。
春分の日を過ぎて一番最初の満月のある週(最初の日曜日に復活祭)ということらしい。
そんなわけで2016年は3月20日からの一週間。

日曜日に始まり、日曜日に終わる。
詳しくは忘れたが、火曜日にキリストに死刑が宣告され、木曜に十字架に貼りつけられて処刑され、三日後の日曜日に復活を遂げる、というようなストーリーである。
(※追記:この辺は聞きかじり&うろ覚えなので、間違いあればご訂正ください)

つまり、セマナサンタの中でのクライマックスは木曜の夜から金曜日の明け方なのだ。

各教会にVirgen(乙女)とCristo(キリスト)の木像が保管されており、セマナサンタはそれが一斉にお御輿として外に出てくる。
教会には名前がついており、全員がマリアという名前なわけではない。
キリストの像は十字架だけではなく、そのストーリーのワンシーンが再現されており、そのシーンによってHermandad(信者グループ)の名前がついている(と思う)。

たとえばロバに乗ってるキリストとか、十字架を自分で担いでいるキリストとか、磔になってるところとか、死んで横たわってるところとか、ローマ人兵士も一緒にいたりとか、いろいろ。

ビルヘン(乙女)は特にシーンとか関係なく、全員が長いマントをかぶって、さらに御輿にはレースの屋根が付いており、美しい花で彩られ(でも基本、白か)彼女の目の前には何十本ものロウソクが立てられ、夜になると火が灯される。
そしてビルヘンは泣いて悲しい顔をしている。

これらの御輿、想像するに、軽くはないだろう。
しかもうちのような小さな町なら、せいぜい人気で長いルートを練り歩く御輿でも3時間くらいだと思うが、セビージャのような大きな街で特に大人気で木曜夜中のクライマックスに出るような御輿だと12時間越えという恐ろしいスケジュールである。
さすがに全行程同じ人間で担ぐと命の危険があるので、途中で交代したりするらしい。

そしてお御輿には必ずバンドが付いている。
キリストには金管バンドと太鼓隊、ビルヘンには木管&金管バンドと太鼓隊だ。
曲調はキリストのバンドは悲しそうなものや、勇ましいものが多い。(多分、シーンによって曲が違うはず)
ビルヘンは明るく美しい、なんとも輝かしい感じの曲が多いと思う。

バンドの練習場が近所にあるらしく、ラッパの音がいつも身近でしているのは、元吹奏楽部にとっては結構気持ちいいかもしんない。

そもそも論

こういうことを言うとみんなのやる気がなくなっちゃうから、お客さんがいなくなるから言わないで!と止められていたことを、今日はあえて書く。

フラメンコは歌がわからないと踊れない。

フラメンコはそもそも「歌」だ。

もちろんスペイン語もわからないのに歌のメッセージがわかるはずもない。


歌がわかる、というのは歌詞で述べられてる情景を思い浮かべることではない。
その歌詞に隠れた心情を自分で感じることだ。

わかりやすいたとえをすると、卒業シーズンに歌う「なごり雪」とかそういった歌。
誰を思いだす?イルカ?
違うでしょう?自分に起こったさまざまな経験を思いだすでしょう。

それが歌詞と全くダブっていなくても、その一言二言で、自分の経験が思い起こされる、それが「感じる」ということだ。

何千回いろんな公演を観たとしても、何千回ビデオを見たとしても、それだけで深いところまでたどり着くのは難しい。

歌のメッセージがわかれば、スペイン語がわかれば、その瞬間にもっと感じることができる。

瞬時にその歌詞の意味がわかるまでのレベルになるまでは、とても大変だ。そして多分、普通の努力では無理。

それでも、少しずつでも、やる意味はある。

挫折してもいいから、フラメンコをやりたいと思ってる人は、踊りや歌の練習の前に、スペイン語を少しずつでもやってください。

えん。

縁って不思議。

| ホーム |


 BLOG TOP