モチベーション

趣味のモチベーションを保つってのは、難しいんだねぇ。

仕事とか学校の単位を取るための勉強とかだったら、モチベーションがあろうがなかろうがやらなきゃいけないから、苦しい時期も乗り越えられる(強制的に続けざるをえない(笑)んだろうけど、趣味でやってること、というのは、本人がやりたいからやってるんであって、誰に強制されてやってるわけではない。

フラメンコの踊りとか歌とかも、自分が楽しいと思える練習だけやっててもいいし、それだけ上達したっていい。

なのだが、スペイン語とか語学というものは、あくまでもその趣味を楽しむための 「 ツール 」 だ。
つまり、趣味そのものではなく、それの付属品である。

体育系の趣味に例えてみると、たとえばテニスとか体操などでもっと上達したければ、筋トレも必要かと思われる。
ダンスとかでは、しなやかな体を作るためにストレッチなどして体づくりが求められる(はずだ)。

筋トレとかはまぁ、しんどいよね。私みたいな文化系人間にとっては(笑)

それにしても、こんな私でさえ柔軟体操を毎日してれば少しはマシになる。
割とやりやすいことだけやっていても、少しずつ進歩する。

しかし語学は同じことばっかり言っていても進歩しない。
たくさんのことを覚えてなんぼのものだ。

物事によっては、覚えるのがしんどかったり、理解ができなかったり、妙にすんなり覚えられるものがあったり。
こればっかりは人それぞれね。

いずれにしても、壁にぶつかる時期というのがあるわけだ。

さらに、スペイン人がいる環境にいる場合、すぐにでも話したい、話せる日本人がうらやましい、と焦ってしまう。

せっかく頑張ってるのに、頑張れば頑張るほどコンプレックスを感じてしまう。
フラメンコも理解が深まれば深まるほど落ち込むことがある)

そうすると、負けん気でさらに頑張る人と、モチベーションが下がってしまう人の二種類がいるわけだ。

しかし、負けん気でいつも頑張っていても、モチベーションが下がるほどの壁にぶつかる時期は誰にでも来る。
その壁の前でうろうろしている期間は一体いつまでなのか、誰にもわからない。

そんな時ほど、焦らず、ただ目標だけを見るといいよね。

テーマ : スペイン語
ジャンル : 学問・文化・芸術

sidetitleプロフィールsidetitle

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleその他sidetitle
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。