FC2ブログ

コカイン

スペインにいると、コカインがなんちゃら という話をよく聞く。

町を歩いていて、旦那が「あいつはコカインを売っている」とか「あいつはヘロインをやっている」とか教えてくれるのだが、なんでそんなこと知ってるの?と思うのだが、小さい町なのと、顔を見ればそんなことはわかるらしい。

なにせ、ほとんどの人が寝るための薬やら抗うつ剤なんかを飲んでいる。

薬(向精神薬)もとっても身近なものなのだ。

私は幸運にも、そういったドラッグの類は実際には見たことがない。

旦那の孫は、モデルをやっていた時に、化粧台の前に白い粉が引いてあって、「何これ?!誰よ汚したの?!」と言って、手で払ってしまったらしい。
軽くマニアックなほどのキレイ好きなのだ(笑)

また、実際に目の前で見たことがない私でも、どうやってコカインをやるのか知っている。

というのは、テレビで映画を見るのだけど、ほとんどの映画でコカインを鼻から吸引?してる姿が出てくる。

こういうのを見ていると、なんだか身近な存在に思えてきて、若い子とかこんなの見てたら興味が出るのかな?なんて思ってしまう。

映画では暴力シーンとかもたくさん出てくるし、若者や社会全体に悪影響を与えていると思う。

あと、タバコね。

やっぱり映画でカッコよくタバコをくわえてたりすると、若者なんかは興味が出るだろうね。

最近は禁煙ブームだと思うけど、それでも女性でタバコを吸う人が増えている気がする。


昔、「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?」 という広告があったけれども、ドラッグというものは、まさにそれだ。

たまに、リアルに人間やめてる感じの人も見る。

コカインやヘロインって、案外身近にあるみたいだし、最初はおごられたりとかするみたいだから(お客さんを増やすために試させる)、万が一目の前にしても、絶対に手を出してはいけない。

すぐ依存症になるみたいなので、日本人の方々は手を出さないようにね。

.
sidetitleプロフィールsidetitle

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleその他sidetitle
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。