右とか左とか?

カタルーニャ(バルセロナなどのその辺)がスペインから独立したがっている。

昨日は住民投票があった。

が、元々中央政府は、今回の投票は違憲なので認めない、とずっと言っていた。

しかし、昨日から投票所の学校などに、学生や独立派の人々が泊まり込み、警察との衝突が起きたところがあった。


警察(Policia Nacional, Guardia Civil)が武装して出動したのだが、日本でいうと機動隊に当たるのだろうか?

ゴム弾とか催涙弾なども使って制圧したらしいんだけど。。。。。


スペインの多くの人は、政府のやったことに対して「もっとやれ!」と言ったりしてるわけね。

この光景を見ていて、日本の辺野古基地反対の座り込みを思い出した。


もっとも、投票することになったのも、カタルーニャ議会でおそらく強行採決で投票することが決まったので、違憲だということなんだけど・・・・

デモとは違うんだよね。
投票で、しかも中央政府はこれは無効だと言っている。

警察が介入する必要なんかあったのかなぁ・・・


なにせ、民主主義がどうこうと言っているが、スペインを見ても、日本を見ても、民主主義なんてものは存在しないように見える。

政権はやりたいことをやるし、都合のいいようにマスコミを利用するし、ビデオだって適当に編集してテレビに流せば人民は政府の筋書き通りに思いこむ。

日本でも、突然 首相が解散を宣言したり、第二党の党首がいきなり全然ポリシーが違う第一党に合流すると始めたり。

私のような一般市民にはついていけない。

SNSで政治のことをチェックはしているが、私はどちらかというと左寄りなので、そっちに都合のいい投稿しかチェックしていない。
前に、現政権を応援してる人の投稿とかも読んでみたものの、吐き気がしたので、私の体質には合わないらしい。

一人一人が違う感覚と考えを持っている。

だから反対側の考えを持つ人はアホ、と私が思っていても、間違いなく反対側の人間は私のことを「残念な思考能力」くらいにしか思っていない。
お互いに 「 愚かでかわいそうな奴 」 と思っている構図。残念すぎる(笑)


カタルーニャの話に戻るが、カタルーニャ州政府は、中央政府の暴力(警察)は本当にひどい、私達は投票したいだけなんだ、と表明している。

なのだけど、そもそもこの投票をするというのも、独立派の先導の元で、議会では過半数をいったものの、投票に反対する議員はその時、全員退場した。
議会の様子を少し見たけれども、議長が反対派の演説の時に「はい、あなたもういいから」みたいな感じで話もさせなかったこととか。


前にもたしか州民投票があった気がするが、その時はギリギリで反対派が勝ったはず。

でも、カタルーニャの独立派は、それを勝つまで納得しない。

税金を使って、勝つまで選挙をやり続ける。

300年前の話を持ち出して、私達はカタルーニャ人だとかなんだとか言ってるけど、そういう発想って、モロッコ人が今、アンダルシアは俺らのおじいちゃんたちのものだから返還しろと言ってるようなものだ。

どこまで本当の話かは知らないけど、小学校低学年の子が 「カタルーニャはスペインに貢献しているけど、スペインは何もカタルーニャにもたらさない、しょうもない国だ」 という教育を受けているらしい。
(8歳くらいの子どもがビデオでそう言ってるのをテレビで見た)

最近、テレビで言ってることは信用してはいけないと思っているのだけど、それってどうなのかな?と思う。
差別主義を助長してるのではないかと思う。

話変わって、日本の政治家だと、私は山本太郎が好きだ。

街角演説でブーイングを受けても、その人に向かって 「私はあなたのためにも頑張ります」 と言う。
ブーイングされても、その人までもひっくるめていい暮らし、社会を目指す。

政治家の仕事って本来はそういうことなのに、応援してくれる人のためだけに頑張るとか、おかしい。


しかし、メディアの力は本当に大きい。
こんなの普通の人は騙されるし、政治家だってみんな、ただ勝つ(議員になって給料を取る)ことしか考えてない人が多すぎると思う。

一人一人が注意して政治を見張って参加していくしか世の中は変えられないと思うんだけど、はーーー、難しいねぇ。。。

.
プロフィール

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

最新記事
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

その他
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。