FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しいカンテ。

先日、旦那の親戚の上の方々が歌っているビデオを見た。
(絶対門外不出を守っているビデオなので、ネットでは発見できません)

30年くらい前のビデオだが、歌っていたのは ティオ・バスティアン、ティア・マリア・ペーニャ、ティア・ルイサ。
そして チャチャ・イネス の踊り。

この様子はネットでは写真が出ている。


さておき、歌なんだが。

マリア・ペーニャといえば、 「Bulería por soleá de María Peña」 という名前で少し有名になっているが、カンティーニャ・デ・ピニーニで有名なピニーニさんの娘で、旦那のおばあちゃんの妹だ。

そして ティア・ルイサ は、ミゲルのおばあちゃん フェルナンダ、マリアよりも下の妹だ。

なにせ、この二人の歌には口あんぐりとしてしまった。

とにかく深い。

あぁ~・・・言葉にすると簡単だなぁ・・・・ 違うんだ・・・・ そうじゃない・・・・

本当はブログなんかに書かなきゃいいんだけど、心の中にしまっておけばいいんだけど、でも書きたいの。

今みんな(自分も含む)が見てるフラメンコの世界とは、全然別の世界が存在したんだってことを知ってもらいたいの。

その世界は、私だって、貴重なビデオでしか垣間見ることができない。

そして、はっきりわかる。

たしかにこれは、人類の世界遺産だった。 ということが。


細かいことを言うと、まずカンテの音程が非常に厳しいところを攻めてくる。
真似をしようとして取れるもんじゃない。

そして歌詞。

自分に起きた出来事、それに伴う感情をうたっている。

素晴らしいカンテに感動して泣くのもさることながら、ここにいるメンバーは、自分たちの大好きなおばさんがつらい目にあったことを泣きながら(歌のこと)語るのを聞いて、泣いている。



全然関係ない話をするが、うちのばあちゃんは私が子供のころ、自分は女学校に行けたほどの金持ちだったと自慢していた。
が、そのあとに来る話は、しかし津波がきて持っていた畑や家などすべて流されてしまい、貧乏のどん底になってしまい、自分の子供たちは金持ちの家でお手伝いさんをしながら稼いで一人で育てた、ということだった。
(じいちゃんは母が7歳の時に他界)

必ず決まったところで泣くんだよね。

そして聞いてるこっちにも、その感情が 堰を切ったように どっと流れてくる。


私がミゲルの歌を聴く時、彼の状況をすべて把握してるだけに、その歌が何を意味してるかがわかってしまい、それ以上聞けないくらい泣いてしまうことがある。


ビデオの話に戻るが、だから彼ら家族は、

1.カンテがすごい
2.歌詞の内容がわかる
3.歌ってる人の状況がわかる

という二重ではなく、三重のアタックによって泣かされているのだ。
もはや攻撃としかいいようがない(笑)




気が向いたら、バナー押してください♪
意味なくアクセス数アップを目指しています♪


人気ブログランキングへ

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

プロフィール

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

最新記事
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

その他
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。