子守り。

最近よくサライ隊長が遊びに来る。(もちろん母親とw)

たまに我が家に置いていかれるのだが、実は結構めんどくさい。


いや、単純に私が特に子ども好きなわけではないので。

子どもと遊ぶのが好きな人だったらいいかもしれない。

嫌いじゃないんだよ。

なんだけど、子どもにつまんない思いをさせるのはかわいそうなので、ついつい相手をしてしまうのよ。

そうすると、こっちにぶわーーーっと来るわけよ。

犬とかもそういう意味であんまり触ってはいけないということを学んだ。
(一度かまうとすごいしつこいからw)


サライ隊長も、今年の9月で9歳になった。
知り合った時はまだ1歳半でテーブルの上のものを取ることもできなかったのに。。。
当時はその辺にあるもの、特にテーブルの上とかに置いてあるものが少しでも手が届くと(テーブルのヘリの方にあったり)それをひったくって、窓から放り投げるのがマイブームだった。

旦那はそれで、自分の10ユーロを窓から投げられた。。。と言いながら待ち合わせにやってきたり。

それとか、電話線を引っこ抜いて、家族みんな1週間くらい気がつかなくて「電話こないなぁ?」と思っていたりとか。
(当時私は日本から毎日電話していて、1週間つながらなかったww)

懐かしい(笑)


サライ隊長は当時から Super inteligente で、 「電気つけてー」 と彼女に言うと、 「わかった!」 と言って、足台を持ってきて上ってつけていた。(電気のスイッチに手が届かなかった)

そこで普通の1歳半なら、もう一度スイッチを触って消したりつけたりしそうなもんなんだが、彼女はそれだけ。

頼むとやってくれる。
言われたことしかしないのだ。

電気にはまったく興味がなく、ミッションを遂行することに喜びを感じるタイプだった。

(その割に物を投げるなと怒られてもやり続けるww)

私はそれを見た時、ちょっとした感動を覚えた。

それが彼女との出会いだ。

そんな彼女ももう9歳。

最近のマイブームはマスターシェフらしく、こないだも 「ジャガイモの皮のむき方教えて」 というので皮むき器の使い方を教えてやったら喜んでいた。

そして、昨日、料理しようと思ってじゃが芋コーナーを見た時 「変な芋があるな」 と思ったら、中途半端に剥かれた無残な姿の芋が一個だけあった。最後の芋だったので、捨てたら悪いと思ったのか?
在庫がないと思ってすでに新しく買ってあったから問題ないし、もう古くてブニブニしてたやつだったから、捨ててくれて構わなかったんだけど(笑)


ノートとかも、その辺の目に見えるところに置いてあると、昔は全ページ落書きされたりとかね。

さすがに今はそういうことはないが、時々後ろから飛びつかれて後ろに倒れそうになることがある。

30キロくらいあるらしい。身長も私の肩くらいあるし。
なんせ長身ファミリーなので、多分すごく大きくなるだろう。

.
sidetitleプロフィールsidetitle

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleその他sidetitle
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。