レジェスマゴス

レジェスマゴスとは、東方の三賢者といって、キリスト誕生のお祝いをするために、東からやってくる3人の王様たちのことだ。

その伝説?に伴って、スペインでのクリスマスプレゼントはこの日に贈ることになっている。

1月5日の夕方から夜にかけて、スペイン全国各地で Cabalgata という、ディズニーランドのエレクトリカルパレードみたいなパレードがあって、王様やその仮装をした子どもたちなどが、その車の上から町中に飴を投げ散らかす、という行事だ。

最近では飴だけではなく、ちょっとした軽めのオモチャや、ボールやアクセサリーなど、いろいろなものを投げる。

ウトレラに住んでいた時は、中心地だったので、家の前をパレードが通っていて、ぼんやり見ていたらオモチャのトラックが壁に当たり、そのまま私の頭上から降ってきた。
(間一髪でよけた)

実は危険 (笑)

ボールも、ビーチボールみたいなのを、バレーボールのアタックみたいに投げてるし、ちょっと危険だと思う。

みんなして、降ってきた飴を拾って、袋いっぱいにして帰る。


んでね。
なんだかずいぶんやかましく翌日の天気の話をテレビでしているな、と思ったら、レジェスの日は全国的に雨だそうで、それで多くの自治体でパレードの日を一日早めるらしい。
一日遅れにするところもあるようだ。

というわけで、今年のレジェスは1月4日にやってる。

お父さん、お母さんたちは大変だね。子どもを連れて行かないと。

私は、インマとロシオ(ミゲルの孫)に子供たち(ミゲルひ孫)のプレゼントを渡したので、今年のクリスマスの仕事は終了。

レジェスの日として祝日なのは、1月6日らしい。
これが終わると、いよいよ小学校も始まって、みんな普通の生活モードに入る。
(どうもここの人らの普通モードってのは、小学校が基準らしい)

.

.
sidetitleプロフィールsidetitle

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleその他sidetitle
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。