人の名前

スペイン人の名前は聖人から取っている名前がほとんどで、なおかつ、子どもの名前を付けるとき、男子ならお父さん、もしくはおじいさんの名前、女子ならお母さん、もしくはおばあちゃんの名前をつけるのが一般的だ。

だから、名前を聞いて、だいたいどこの家の子どもかわかったりする。

そして、その村の守護聖人の名前をつけることもあるので、名前を聞いてどこの出身か、想像できちゃったりする。

なんだけど、聖人の数にも限りがあるので、とんでもなく同じ名前の人数が多い。

まして、家の中に男性が3人(祖父、父、孫)とかいれば、全員同じ名前であることも珍しくはない。

一人の名前を呼びたいのに、全員に振り向かれたりする。


唯一の救いなのが、苗字が父方と母方の苗字をつけることで、2つあり、親子であっても苗字の組み合わせが違うので他人と認識できること。自分が結婚しても苗字は変わらないし、親が離婚しようが再婚しようが変わらない。

あまりに同じ名前が多いので、割と苗字で呼ばれてる人も多い。
さらにあだ名がある人も多い。


そう考えると、日本人の名前は独自性に富んでいる。
一文字違いとか、読み方が違うとか、苗字にしてもちょっと違うとか、まったく同じ名前というのはあまりない。
日本では、親の名前を子供につけてはいけない法律があるはず。
もっとも親の名前から一文字とって、とかそういうのは全然いいけど。

ということで、日本人の名前はバリエーションが豊富なのだ。


去年、ポターへがあった時に、たくさんの日本の友達が来てくれたのだけど、ただでさえ人数多くて頭がパニクってるのに、似たような名前の人が何人かいて。

しかも同時期に、似たような名前の人の組み合わせになってしまい。

かつみさん と かすみちゃん

かつみさんは私の先輩で、かすみちゃんは私の娘みたいな存在。
二人同時に家にいたので、予定の話をするときに 「かつみちゃん」 「かすみさん」 とか自分で言ってて、しかもスペイン語には つ の発音がないので、 かつみ と発音したいのに、 かすみ としか発音できなかったりwwww

それと困ったのが

みねさん と みなちゃん

みなちゃんのことを 「みなさん」 と呼ぶのはいいんだが、みねさんのことを 「みねちゃん」 と間違えてしまうのが困った(笑)

言ってから軽くパニクり、一人で混乱することしばしば。


スペイン人の名前だったらそういう微妙な違うとかはないから、ある意味 楽 なのにねー(笑)



よかったらバナー押してください♪



人気ブログランキングへ

ということで、随時生徒さん募集です♪

テーマ : スペイン語
ジャンル : 学問・文化・芸術

sidetitleプロフィールsidetitle

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleその他sidetitle
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。