FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯盗まれた。

実は先日、夕方のくそ暑い時間帯にバスに乗ってセビージャに行く用事があった。

基本、なんでも時間がギリギリになってしまう性分(?)なので、バスの時間ギリギリにバス停に着いた。

バスはバス停までの私の通り道、反対方向に行くので、間に合わなかったら通り過ぎるのが見える。


時間ぴったりに着いて5分くらい待っていると、道路の向かい側からおばあちゃんが私に何か言っている。

「バス待ってるの?」

「はい」

「少なくとも15分くらい前にバス通り過ぎたけどね」

「前のバスが遅れたのかしら?」

おばあちゃんは自分の孫が車で迎えに来るのを待ってるらしかった。

嫌な予感。。。

時刻表よりも10分も早く通り過ぎちゃう?

時間は夕方の5時で気温41度。
日陰はほぼない。
ベンチに座ると、金属のベンチは焼きごてみたいで火傷しそうだ。
携帯電話で時間を見ようと触ったら、発火しそうな勢いで熱い。

待っている間、近くの薬局で少し買い物して、一瞬涼んだが、あとはアホみたいに外で待っていた。

あきらめが悪い奴だ。

結局、来たのは次のバスだったので1時間後。

乗り込んで、メッセージを2つほど送って、携帯をいつも入れているリュックの外ポケットを開けっぱなしにした。
リュックの中身がかなりあったまっていたからだ。

隣村までは起きていたが、そこを過ぎたら寝落ちしていた。

時間にして30分くらいだろうか。(結構寝たなぁ(汗)

バッと目が覚めて、携帯がないことにすぐ気づいた。

いかにも悪そうな若者が私の横を通り過ぎて、怪しかったが証拠がないので何も言えない。

狂ったように携帯を探し始めたのもつかの間、降りるところに着いてしまった。

終点ではないので、降りないといけない。。。

用事の受付のところで「携帯盗まれたー!!」とギャーギャー言ってたら電話を貸してくれた。
かけたらもちろん電源が入っていない。
(出かける前にしっかり充電してきたので、意図的に切られている)

とりあえず家に電話して、旦那には帰る前に電話一本とかできないからね、と連絡(笑)

私がドジる時は、あんまり笑えない。

.

theme : スペイン
genre : 海外情報

プロフィール

のと あきこ

Author:のと あきこ
スペイン南部のレブリハ在住。
年上の旦那と暮らしています。
フラメンコ、特にカンテヒターノに恋をして、好きなことだけ追っかけていたら、こんなところにたどり着きました。

スペインに関わり始めて早や20年が経ち、定住し始めてから8年です。
スペイン語を語学学校で勉強した経験と、おうちで身に着けたアンダルシア弁を活かして、スカイプでスペイン語を教えています。

ご興味のある方はメールフォームよりご連絡ください。
詳細は「生徒さん募集」の記事をご覧ください。
こちらの記事も参考にしてください。
スペインのスペイン語と南米のスペイン語

最新記事
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

その他
日本ブログ村のアクセスランキングに参加しています。バナーを押すとブログ村に登録している同じジャンルの他の方のブログも見ることができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。